結婚記念パーティーに行った

日常のこと
04 /30 2007
今日は兄からパーティーの誘いがあったので日暮れ頃からボチボチ準備を始め、妻と会場に向かった。何のパーティーかというと「結婚二十周年パーティー」で、ここに我々は演奏要員として飛び入りという格好で参加させてもらった。子供から大人まで、ざっと五十人ぐらいの人で会場はにぎわっている。この会場、ステージ付の会場でPAもあることから、ミュージシャンも多数参加していた。
とても上手なアカペラバンドの次に、私、妻、兄でマイナス・ワンCDに合わせて「枯葉」「懐かしのストックホルム」「ブルー・ボッサ」「ナウズ・ザ・タイム」を演る。最近あれこれとアンブッシャーをいじってるせいで落ち着かない。意識が口元にいき過ぎて音のポイントが前になりがちだ。少し調整がいりそう。
それにしても結婚●周年をこのような形で大勢の仲間と祝えるなんて、素敵じゃないですか。何というか家族や仲間に対する思いを確認し、それを伝えるいい機会になるんじゃないだろうか。そういうのはすごく大切なことのように思える。昨日の成田屋といい、個人的な演奏の出来はともかく、いいオーラに包まれた場所で過ごせてラッキーだった。
スポンサーサイト

ライブを終えて

バンド「なんぼなんでも」
04 /29 2007
 境港市の成田屋でのライブ。久々のライブハウスということで気合は充分だったんだけど、すべった。個人的に。1st Setでバテた。何だか最近の練習不足がもろに反映した感じ。仕事が超多忙だったため練習できないでいた。などと言い訳をしてみる。ちなみに私の仕事は表向きは「国民の知る権利に答える」仕事。「国民が知りたいと決め付けたことを知らせる」仕事と言っても差し支えないが、故に3K、いや4K職場である。練習時間がとれないキツさもさることながら、4Kモードから音楽モードに切り替えるのがキツい。多忙と芸術はハッキリ言って背反する。残念ながら水と油だ。
 ライブは2ステージ。2ステージ目は殆ど死亡だな。とりあえず力み過ぎだ。せめてMCはきちんとすれば良かったと後悔。トランペットの場合、力むと音を響かせるポイントが前のめりになる。野球でいう「手打ち」っつーやつですな。こうなるとバテるのにさして時間はかからない。
 反省点は多いながら、久々にライブハウスのハコで演奏できた嬉しさも大きい。音楽なんて聞き手があってナンボなのだ。誤解されがちだが、「聞き手の少ない音楽は駄目」というのは音楽産業の人の考えで、やる側は「聞き手とコミュニケートしないとつまらん」と考える。この差は大きいんだけど、それはさておき、音楽ですべったならば、せめてMCでコミュニケートしないと。

BLOG初め

バンド「なんぼなんでも」
04 /28 2007
「なんぼなんでも」、略して「なんぼ」は鳥取県米子市を拠点とするジャズ&ボサノバ・バンドです。総勢9人。昨年3月に結成以来、比較的大きいハコでライブをやってきましたが、今日は境港市「成田屋」で初めてのレギュラーライブをやります。個人的には二年半ぶりのライブハウスでのライブということで、かなり盛り上がっています。 「なんぼなんでも」は「いくらなんでも」の米子弁。理不尽な目に遭った際に言いますよね。「なんぼなんでも・・・」。だからバンドが理不尽な目に遭っているという訳ではまったくないのですが、れっきとしたバンド名です。ジャズ・バンドといっても、実際はメンバーが好きな曲を持ち寄り、アレンジしつつ演奏するバンドです。基本的には各自が即興プレーヤー。今その瞬間の思いを、楽曲のフォーマットの中で表現することを目指しています。まずは今夜のライブにご来場ください。

時間=PM8時スタート
場所=米子市境港市「成田屋」

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。