菊乃家ライブ終了

バンド「なんぼなんでも」
03 /30 2008
 29日(土)の皆生「菊乃家」ライブ終了しました。久々、社長の歌声を聴けて何だか感動。上手い、以前に歌声にこもる力というか魅力に参ってしまう。

続きを読む

スポンサーサイト

ジャズ週末

ジャズ
03 /29 2008

 このところ忙しく、昨日は「なんぼ」の練習があったにもかかわらず、帰宅してすぐに睡魔に襲われ撃沈。そのまま朝まで意識不明となっていた。よく「趣味があっていいですね」と言われるのだが、激務とジャズの両立は傍で感じるよりも大変で、少しはいいことでもなければとてもじゃないけど、やっていられない。それに「趣味」と言われるのも正直嬉しくない。「道楽」と言ってほしいものだ。

 

 

 明日からの週末は、例によってジャズ・デイズが始まる。週末はバンドマンとなり、平日の職務からはおよそかけ離れた自分にチェンジする。素早く切り替えてジャズ・モードにならねば。

続きを読む

トランペット演奏と角度についての考察

トランペット
03 /25 2008

 楽器の練習は試行錯誤の連続で、エンドレスと言っても間違いではない。奏法とジャズを並行して学んでいく訳だから、まさに一生勉強。「楽しんで」とよく言われるが、楽しみばかりではとてもじゃないけど続けていけない側面もある。また、楽器を演奏するということはアスリートが競技をすることと同じで、自己のイメージや身体感覚をフルに活用しなければならない。日本では中・高生の部活のイメージから「文化系」と思われがちな行為だが、実態は恐ろしいまでに体育系なのである。

 

 

 今回は、そんな試行錯誤の日々で得た、現時点での成果、というか感想を、「楽器の角度」に焦点をあてて書いてみようと思う。

 

 

 「なんぼHP」現時点で全コンテンツが揃いました。

続きを読む

ミラージュ・ライブを終えて

バンド「なんぼなんでも」
03 /23 2008

 22日(土)は境港市「ミラージュ」ライブでした。御来場頂いたお客様に感謝です。

 

 

 と、本来なら書きたいところなのですが。。お客様がゼロだったために感謝のしようがないということで(笑)いやはや。

続きを読む

ゲッッツェンのダブルハードケースを購入

その他
03 /22 2008

  トランペットとフリューゲルホーンを収納する楽器ケースって案外ありそうでないものだと、トランペッターの方は一度は悩まれたことがあるのではないだろうか。それも、ハードケースとなるとなおさら。プロテックのコマ付きダブルハードケースしか選択肢がない現状だ。「なんぼ」のトランペッター・しみずりえがプロッテックを購入していたが、あれはよく出来たケースである。う~んと迷っていたら、東京都内の楽器店でゲッツェンのダブルハードケース(下写真)が中古で出ていた。しかも4980円。見た瞬間に電話を入れて即購入した。

ゲッツェン・ダブルハードケース①

 

 

 22日(土)「なんぼ」境港市の夢みなとタワー4Fミラージュに出演します。ご都合宜しければ是非覗いてみてください。午後7時半からです。。

続きを読む

冠婚葬祭トランペッター

ジャズ
03 /21 2008

 私自身、「なんぼ」のトランペッターでもあるけど冠婚葬祭トランペッターでもある。それでもって20日は久々の結婚式トランペッターの任務を果たしてきた。9時から5時まで目いっぱい仕事をして、6時から結婚式に出席。さらに9時から深夜0時まではスタジオで「なんぼ」の練習だった。もともと少ない精魂を使い果たした訳で、我ながらよくやったと感じ入る。疲れが2の3乗だ。

 

 

 22日(土)境港市「ミラージュ」に「なんぼ」久々に出演します。

続きを読む

10億円あったら

ジャズ
03 /20 2008

 10億円あったら何をするのだろうか。答は簡単だ。週末にジャズ・バーをやる傍らレンタル・スタジオを経営して、大山のふもとにトランペット・ミュージアムを造る。

 

 

 「なんぼ公式HP」いつの間にか多彩なコンテンツが・・

続きを読む

チョイ悪オヤジは元気か

ジャズ
03 /13 2008
 行きつけの美容院に「レオン」という雑誌が置いてあって、どうもチョイ悪オヤジをコンセプトにした雑誌のようだが、一時流行ったチョイ悪オヤジは、今でも元気なのだろうか。実際に周囲でお目にかかるケースはまずない。ところが実は私の知り合いで、まさにこのチョイ悪オヤジのイメージにぴったりの人が存在するのだ。アルマーニの皮パンツにジャケット、夜でもサングラスをかけて、バーでバランタインの30年ものをさりげなくひっかける。趣味はサックス。ポルシェのトランクには常にサックスケースが置いてある。女性からリクエストがあればいつでもサックスでジャズ・スタンダードを奏でることが可能という。

続きを読む

ボサノバの季節

ボサノバ&MPB
03 /12 2008
 先日立ち読みした本によると、「音楽脳」というのがあるらしく、毎日音楽ばかりやっていると、やはり頭も音楽に向いた機能が発達してくるらしい。私自身、仕事と音楽では明らかに脳の違う部分を使っているのだと実感する。だからはっきり言って、仕事後一時間ぐらいは、きちんと音楽と向き合えない。頭がついていかないのだ(歳と言われたらそれまでだけど・・)

続きを読む

「成田屋」第一回レコード・コンサート

ジャズ
03 /08 2008

 「レコード・コンサート」と言っても何のこっちゃって思われる方も多いのではないだろうか。文字通り、アナログ・レコードをかけて、それをビールでも飲みながらワイワイ聴くのが「レコード・コンサート」なのです。ジャズ喫茶全盛の頃は「ワイワイ」などと軽い雰囲気にはならなかったのかも知れませんが、今回、境港市「成田屋」さんで開かれたレコード・コンサートは気軽な雰囲気でアナログ音源を楽しめました。。

 「なんぼなんでも公式サイト」更新中です。

続きを読む

ハイノート

ジャズ
03 /06 2008
 トランペット吹奏にまつわる悩みは数多いけど、ハイ・ノートで悩まれている方は多いのではないだろうか。どの音域から上をハイ・ノートと言うのかは特にこれといった決まりもなく、人によっては五線二つ上のハイCをハイ・ノートと思うかも知れない。私個人的にはハイE(Bb楽器で)以上がハイ・ノートのように思っている。

続きを読む

デジタル一眼レフ市場の現状

その他
03 /04 2008
 デジタル市場の新製品サイクルはカメラに限らず、とにかく速い。その意味でカメラは完全に消耗品と成り下がってしまった。早くて一年半、遅くて三年後に色褪せてしまう商品を買うに当たっては、ある程度の割り切りが必要になってくる。2008年3月時点でデジタル一眼レフ市場の動向は、キャノン、ニコンの二大メーカーが激しく競い合い、新参ソニー、老舗ペンタックスが遥か後から追う図式。オリンパスはフォーサーズで我が道を行く。昨年夏まではキャノンの独り勝ちだった市場が、ここに来てニコンに王座を譲るという大どんでんがえしがあって、ますます目が離せない状況になっている。

続きを読む

春を待ちわびて

日常のこと
03 /03 2008
 「一ヶ月だけ住むとすれば北海道か沖縄のどっちがいいですか?」という質問をされたら、私の場合「沖縄」と即答する。果たして「北海道」と答える人と「沖縄」と答える人ではどっちが多いんだろうか。もっとストレートに、「寒いのが好きか」「暑いのが好きか」と言い換えてもいい。「寒さは着れば何とかなる。でも暑さは脱げない」と言われたこともあるが、今年に入ってからの寒さは「着れば何とかなる」ようなヤワなものじゃない。半袖Tシャツの上に長袖Tシャツ、セーター、ジャケット、ダウンジャケットを重ね着しても、顔までは隠せない。私にとっては地獄の季節だ。

続きを読む

「成田屋」ライブ回顧

バンド「なんぼなんでも」
03 /02 2008

 先日あった境港市「成田屋」ライブのCDが出来上がったんで聴いてみましたが・・・うお、何やってんだ自分。どうにもこうにも、苦しい出来でした。バンド全体としてジャズの体を成していないというか。確かに、紛れもない4ビートに基づいてはいるのだけど、何故かジャズに聴こえない。根本的な部分を改善しないとちょっと厳しいな、というのが率直な感想です。

 

 

 「なんぼ公式HP」、頻繁に更新しています。新コンテンツも出来たようですのでご訪問下さい。

続きを読む

ジャズの練習法について

ジャズ
03 /01 2008

 いよいよ今日から3月。は、早い・・今年は年回りが良いだけに、一日一日を大切に過ごしていっているつもりなんですが、気が付けばあっという間の一週間。年を重ねるに従って「楽しくないことはやりたくない」との思いが強くなってきます。「人生楽しいことばかりじゃないよ」と思うのも自由ですが、楽しまないで損をするのは結局自分なんですよね。

 

 

 それはさておき、どうやったらジャズがうまくなるんでしょうか。うまくない私が言っても全然説得力はないのですが、ある意味、語学などと通ずるものがあるような気がします。

続きを読む

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。