スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆生温泉の旅館で初舞台

バンド「なんぼなんでも」
09 /17 2007
 人間関係のおいても「なんとなく疲れる相手」とか「会うとハッピーになれる相手」があるように、演奏するハコにも疲れる場所とそうでない場所があるようだ。今日演奏した皆生温泉の旅館は、明らかに後者。演奏そのものはともかく、ハコのムードが凄く良かった。


 そもそも、この旅館のオーナーがミュージシャンなのだ。「山陰の森進一」と呼ばれているように、ホンとに森進一に似た声。弾き語りで歌われるのだけど、凄く上手い。ステージ運びといい、アマチュアの域を超えていると思われる。今日はそんな旅館のロビーで演奏させてもらった。。


 お客さんは宿泊客の皆様なのだが、初演とあってどんなメニューで進めようか迷った。その結果歌物中心で臨んだ。曲はジョビンの「Once I loved」スタンダードの「I remember you」「I cried for you」など。インストで二曲演奏した。でもってMCも頑張ってみたつもりだが最近、MCが辛口だと妻に叱咤される(笑)


 しかしこれはいい勉強になるぞ。お客さんも20数人ぐらいと、某Mより遥かに多い(昨日の某Mの10倍!)おそらくはジャズ・ファンは少数で、みんな夕食を終え、風呂上りのひとときを楽しもうと来た人達であろう。そうした人達にいかに楽しんでもらえるか。人に楽しんでもらえる演奏を考えざるを得ない点で、とても勉強になると思うのだ。やはり演奏者は人に聴いてもらうことが大切。そのために何が必要なのかを学ばないと。


 しかし今回はオーナーの人柄のせいか、場所の雰囲気がとても良かった。気の流れがいいというか。やはり「音楽好き」の方がオーナーの会場は、音楽を招き入れる空気を感じる。演奏後に入った温泉も最高だ。海の見える露天風呂を満喫。次回はもっと思い切って演奏してもいいかも知れない。レベルアップせねば。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。