スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウスピース顛末記

トランペット
10 /02 2007
 職業柄(?)初対面の人に合うと真っ先に口元に目がいってしまう。大抵の人はトランペット吹奏にさほど適しているとは言えないか、可もなく不可もなくレベルだが、たまに実に適している唇と歯の形をした人がいるので、羨ましくなってしまう。思わず「トランペット吹きなさいよ」と言いたくなるが、余計なお世話と怒られそうなので言わない。


 一言で言えば、唇の薄い人でなおかつ歯が小さめの人。このタイプの人は、音を出すのにさほど苦労はしないだろう。まさにトランペットの適正があると言える。私は唇が厚く、前歯が大きいタイプなので、マウスピースの選択からして限定されてしまう。単純に、カップの大きさは、上下唇の外側の皮膚がカップ内に収まるかどうかで決まるからだ。この点は下手にあれこれ考えないで機械的に決定すべき点である。


 もっとも、吹奏中のカップの中の唇の状態は見ることができない訳だから、鏡とフィーリングに頼らざるを得ない。お陰でここ半年で7本のマウスピースを買う羽目になった。試奏できないため、良さそうなサイズのマウスピースを取り寄せて、まとめて買わざるを得ない。ただ最近はネット・オークションなるものもあるから、合わないものは即座に売れば、大体65%ぐらいは元が取れる。残りの35%は授業料と諦めるしかない。現在、30本ぐらいマウスピースがごろごろしているから、楽器一本分の授業料は支払った計算になる。かなわんなぁ。


 最近は不調のあまり、半分ノイローゼ気味(笑)で、忙しい日など、車の運転をしながらマウスピースを吹く始末だった。カップの直径17.00mmから17.8mmまでの大きさの3本で試行錯誤していた。17.8mmというとバック1C以上のサイズで市販モデルでは最も大きいうちの1本。中間のサイズが17.5mmなので、違いは僅か0コンマ数ミリなのだが、唇に当てた感じはまるで異なる。色々と試した上、私の理想のサイズはおそらく17.2-3mmあたりだと思うようになった。ただし規格外のため、17.00mmで妥協する。これに唇を収めてやると案外いい感じで、久々に少し光明が見えてきたような気がする。道具の選択で少しでも良く吹けるのであれば結構なことだ。その手間暇を惜しんでいても何も始まらない訳だし・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

久しぶりにコメントさせていただきます。
唄口を選ぶ作業は本当に悩ましいですね。
まだ、楽器を選ぶほうが容易かと思います。
ちなみ、木管楽器ですとリードにも悩まされます。わずか0.1mmにも満たない厚さの薄い厚いで・・・。
悩みながらベストを見つけるべく頑張りませう。

 お久しぶりです。サックスのリード選びも大変ですね。しかも一箱に「当たり」が二枚あるかどうかの世界と聞きます(不思議と図ったように一枚は「当たり」が入っているらしいですね・笑)随分昔、チャーリー・パーカーの伝記を読んだ時に、パーカーが「リコの5番を」と言っていたのが妙に印象的でした。

 マウスピースは悩みますねー。私はやっと一本にしぼれましたが、oldのマウスピースで現在では入手困難な為少し不安です。
 ところで、インターネットを見てみると大阪に「アトリエ MOMO」という店があり、そこではreasonableな値段で削りを入れてくれるみたいですが、解決策になるでしょうか?

 「アトリエ MOMO」はトランペッターの間では高名な工房で、日本では稀有な「マイスター」資格者の方が経営している。ただどうだろう、あるマッピとまったく同じ、或いは指定のものを正確に再現してくれるのだとは思うが、肉体的条件を勘案してマッピ製作してくれるかどうか。一度は訪ねてみたいですね。情報有難う。※2番目のコメントは「りえ」となっていますが「KAO」です。

今更な書き込みですみません(__;)

中学の時、ブラスバンド部でフルート吹いてた先輩から「あなたの歯並びじゃフルートは無理ね」と言われたのを思い出しました(T.T)もう20年以上も前の話ですが(^_^;

で、結局サックスを吹いてたんですが、私も「一箱に一枚」のアタリを求めて、らぱんさんにリードを買いに行ったものです。懐かしい…

当時使ってたリード、今でも大事にしまってあるんですが、カビが生えてそうで
怖くて開けられません∫(TOT)∫

 書き込み有難うございます。いや~どの楽器でも悩みは尽きないものですね。しかし「一箱に一枚」というのが作為的で面白いですね(笑)一説によると、アタリのリードとハズレのリードをあらかじめ分けておいて、出荷時にアタリ一枚を入れ、あとはハズレを入れるとか(?)思い出のリードは貴重な宝物ですね。怖いもの見たさで見てみたいような。。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。