スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新デジカメインプレッション

その他
11 /22 2007
 今日、オリンパスの最新デジタル一眼レフカメラE3が発売される。夏にキャノンEOS40D、秋にソニーα700と新製品が登場し、デジタル一眼市場は活気付いている。さらに今後ニコンD200、D3と新製品ラッシュが続き、熾烈な争いを展開する気配。

 先日α700を触ってきました。昨年コニカミノルタを引き継いだばかりのソニーがリリースしたα100が少々間に合わせ感のあるカメラだったのに対し、α700は満を持しての登場。う~ん、真面目に作られたんでしょうけど・・なんかこう、アピール下手というか。そんな部分に旧ミノルタの影を見るような気がします。例えば同クラスのEOS40Dは秒6コマの連写性能でオマケ程度でもライブビュー機能を装備、ボディ質感の演出など、アピール上手。一方のα700、最大のウリの一つ、Dレンジオプティマイザーなど、いかにも渋い。

 触った感じ、α700のポイントは背面液晶モニターの精度でしょうか。他のカメラと比較するとこれは圧倒的に綺麗です。90万画素オーバーの緻密な絵は、EOS40Dの30万画素レベルとは比べようもないほど素晴らしい。Dレンジ~は実は有難い機能で、デジカメでよく体験する「シャドウ真っ黒」「ハイライト真っ白」を改善し、シャドウ部を持ち上げ、ハイライトを抑える機能。これはいい。逆に気になったのはAFの動作、シャッター音。超音波モーターの静粛性と比べると古い感じがするし、シャッター音は「快感」以前に静かでなんぼでしょう。

 それにしても、これはキャノンとソニーに共通する点ですが、レンズのラインナップがフルサイズ志向では?ソニーに至っては現段階ではフルサイズ一眼は存在しない訳で、それにしてはフルサイズを意識したレンズラインナップのような気がします。その点、オリンパスはフォーサーズに統一したシステム構成が潔いですね。というか、統一性があるからシステムと名乗るのであって・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

αシリーズのフルサイズが待ち遠しいのですが…。
出てもきっと高いのだろうな。
α7などのスチールカメラ程度の価格設定になればいいけど。

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。