スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米子ジャズ喫茶今昔

ジャズ
05 /10 2007
 そういえば米子には「ファーブル」というジャズ喫茶があった。StailさんのHPを拝見させて頂いて思い出した。朝日町「いなだ」と駅前「ジャズマン」の双璧のほかに、東町の旧大丸(さかのぼると米子ストア)前の雑居ビルに、あった。ライオンのイラストのジャケットのコンテンポラリー・レーベルのレコードが飾ってあったような記憶がある。若いご夫婦が経営されていたような、曖昧な記憶がある。当時私は中学生だった。

 今でもはっきりと覚えているのは、ここで東京・新宿の老舗ジャズ喫茶「DIG」の中平穂積さんがビデオ上映会をされたことだ。60年代に渡米し、自ら8ミリで撮影されたニューポート・ジャズ・フェスティバルのドキュメンタリー映画を上映されていた。最も印象に残っているのが動くコルトレーンの映像だ。しかもカラーで。「うお」と、店内が一瞬どよめいた。上下左右斜めに激しく身体を振りながらサックスを吹くコルトレーンの姿がスクリーンに大写しになり音と映像が全然合ってなかったけれど、とにかく唖然とした。「いなだ」のマスターも来ていた。

今では信じられないが、当時はジャズ喫茶のマスターといえば、ある種権威的な存在だった。まして「DIG」のマスターとくれば、中平氏見たさに「ファーブル」を訪れた人も多かったんではないだろうか。「メグ」の寺島靖国など、最近こそすっかり好々爺になってしまったが、当時はコワモテで言いたい放題の論客だった。「フュージョンは知能指数の低い音楽」と断言していたから恐れ入る。今なら即糾弾モノだろう。「ファーブル」はその後残念なことになくなってしまった。70年代のジャズ喫茶から脱皮した、新たなジャズ喫茶の形を我々に見せてくれていたのに。

それから数年後、河崎辺りに突如としてクリフォード・ブラウンの看板が出現した。何事かと思いきや、新しい喫茶店でしかもジャズ喫茶なのだという。名前は「エル」。犬のような名前だが、れっきとしたジャズ喫茶だった。飄々とした感じのマスターだったような気がする。特に珍しいレコードがあった訳でもないのに、唯一、当時は廃盤で入手困難の極みと言われたチャーリー・ヴェンチュラのライブ盤があって我々を驚かせた。現在、米子にジャズ喫茶はゼロだ。果たして米子に再びジャズ喫茶は出現するのだろうか。新世紀のジャズ喫茶を見てみたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「ファーブル」に若い夫婦がおられたのは開店時のみで、その後は○○山さんという年配のマスターが一人でやっておられました。
ジャズばかりではなくクラッシクも流れてましたよ。
アンプがラックスのLX38、SPがパイオニアとタンノイⅢLZ、CDPはヤマハだったような・・・。
「ファーブル」の雰囲気は大変好きで、開店以来良く通ったのものですが、結局80年代の6~7年間位しか営業していなかったと思います。
「いなだ」は80年代半ばにジャズ・バーになり、マスターが体を悪くされて直ぐに閉店。
河崎の「エル」はファーブルより前から営業していた記憶があります。
この店にも通いましたが、80年代中頃に手持ちジャズLPを大量処分され、以後は普通の喫茶店になってしまいました。
境港にある「スイング」はマスター亡き後、奥様が引き継いでおられますがBGMにジャズが流れるだけの喫茶店です。
ということで、「暇なときに時間を潰したいと思えるお気に入りの喫茶店が無い!!」という状況は、この近年は変化ありません。

 なつかしや。「ファーブル」あったな~。もっと驚いたのが、駅前「ジャズマン」。そうだ、近所の親父さんがマスターだったんだ。
 「いなだ」なんかと比べものにならないくらい素人臭くて、なんで、急に喫茶店?しかもJazz喫茶?なんでこの場所で?などと、当時いっぱい???が飛び交ったのを憶えている。
 要は趣味だったんだよな~。きっと自分自身が一日中Jazz喫茶でJazz聴いていたかっただけなんだ。で、部屋を模様替えするくらいの感じで、手っ取り早く自分で店を作ってしまった。間違いない。
 僕らも、そんな世界に憧れてもいた。
 「エル」は、チャーリー・ヴェンチュラのライブ盤もさることながら、オーディオがまたすごかったように、うろ覚えながら記憶している。オリンパス級のスピーカーとマッキントッシュ級のアンプがなかったですかねぇ。知ってる人がいたら教えてください。それがある日、雷が直撃して壊れてしまったらしい。マスターがいかにも「とほほ」な表情で説明してくれたのを昨日のことように思い出す。

 

いや~子供の頃の記憶とはいえ無茶苦茶な時代考証でお恥ずかしい限り(汗)しかも「エル」は現存するということなので、一部間違いを削除しました。しかし昔のジャズ喫茶はオーディオ・システムが凄かったんだと改めて感心しました。だからこそ強烈にジャズの音が脳裏に焼き付いているんでしょうね。そういえば松江には「ウェザー・リポート」もありましたね~

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。