スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテル「ハーベストイン米子」クリスマス・ライブ終了しました!

バンド「なんぼなんでも」
12 /23 2007

 「なんぼ」の今年最後のライブとなるホテル「ハーベストイン米子」クリスマス・ライブが無事終了しました。ご来場頂きましたお客様、会場のスタッフの皆様に感謝、です。本当に有難うございました。お陰様で私達も楽しく演奏することができました。一同、緊張していましたが(笑)

 今回、私達には悲しい知らせがありました。

 「なんぼ」で1年以上にわたりレギュラー・ドラマーを務めた飯田恭之が、諸事情により今回のステージで一時活動休止。暫くの間「なんぼ」を離れることになりました。

 長くバンド活動をやっていると出会いと別れはつきもの。私自身、何度も経験しましたが、だからと言って慣れたりする訳もなく、常に悲しさがつきまとう瞬間であります。思えば飯田君も、ロック・ドラマーから180度転身して「なんぼ」に加入したのが昨年。その音楽的センスで「なんぼ」を盛り上げてくれました。今日、「暫く休憩します」と聞いた時、その宣言を知っていた私は、引き留める言葉を幾つも考えていたのですが、実際に決意の固さを目の前にして、殆ど言葉にはなりませんでした。

 バンドの運営云々ではなくて、長い時間損得を抜きにして「音楽」という絆で結ばれたメンバーが去ること自体が、とてもつらい出来事でした。そうそう、思えば以前「ジャズ三人同志」というバンドのメンバーが去った際には、それまでの思いが溢れて思わず泣いてしまいましたが、今回はその気持ちをぐっと抑えました(しみずりえは泣いていまいた)。と言うか、この瞬間って本当につらいんですよ。

 ただ、退団したのではないので、復活まで数年、或いは数十年かかるのか分からないけど、その時を待っていようと思っています。その時に、また新たな気持ちで音楽に向き合えたなら、きっといい音楽ができるだろう。いつ戻って来てもいいように、「なんぼ」の音楽を磨いておこうと思っています。また一緒にやれる日まで、暫くはお別れだ。

 ほんの短い間だったかも知れないけど、音楽を通じて多くのことを共有できた飯田君には感謝している。そしてまたいつか、音楽で共に楽しんだり悩んだりできる日が来ることを信じている。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私が言うのもなんですが、岡さんの蒔いた種は確実に世の中に広がっていっています。岡さんの真摯な考えとても共感しています。

励ましのコメント有難うございます。バンド活動を通して少しでもジャズの魅力が伝わればと思っています。それにしてもバンドに出会いと別れは付き物とはいえ、極力別れはない方がいいですね。バンドに限らずですが。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。