スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんぼ」というバンド雑感

バンド「なんぼなんでも」
12 /25 2007
 「なんぼ」は来年3月で結成2年目を迎えます。これまで自分が体験したバンドとしては最も長く続いているバンドで、2年も続けばそれなりの歴史(?)を築いてきたような気もします。「なんぼ」以前は私は「ジャズ経験者」だけでバンドを作ってきましたが、「なんぼ」は初の例外。在籍したメンバーの大半はジャズ初心者で、それがこのバンドのユニークなところでしょうか。「まったくの初心者の人もウェルカム」―それが「土曜日のストリートバンド」時代からのコンセプトでした。故に、実際には滅茶苦茶ハードな運営を、ピアノの田中啓三が中心となってやってきました。

 基本的に、初心者だろうが何だろうが、「ジャズを本気でやりたい」、そこまでではないにしても「何となくやってみたい」人達が在籍してくれたことは、非常に良かったんじゃないかと思います。一人でも多くの人に即興演奏を体験してほしい。今でも変わらぬ願いです。地方では(特に米子では)根付きにくいジャズを少しでも体験してもらえたら。そういう意味では、あまり存在しないスタンスのバンドだと言えると思います。

 そのあたりは殆ど声に出さないので、あまりにも理解されず苛立ったりしたこともありますが、反面、「なんぼ」を通じて多くの理解して下さる方々―成田屋のマスター、キャリーリーのマスター達、菊乃家の方々、ホテルハーベストイン米子の方々、そしてライブに足を運んで下さった方々など、音楽そのものを愛していらっしゃる方々―との出会いもあり、とても充実した日々でした。今後も「なんぼ」はそうした方々のために全力でグレードアップを図っていくつもりです。などと、年初の挨拶のような科白でしたね(汗)

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ハーベストのライブでは、改めてジャズの面白さを感じました。
しばらくお休みしていた間に、「なんぼ」の音が変わっていて驚きました。
かなり刺激を受けました。
24日にジャズピアニストの森下滋さんと共演させて頂き、裏でお話もさせて頂き、こちらもかなり刺激を受けました。
本気で研究してみます。ジャズハープ。

キャリーリーライブは参加できずご迷惑をおかけしました。
それにもかかわらず、温かく迎えてくださる「なんぼ」の皆様。
ホントに頭が上がりません。
私はこのバンドが好きです。応援しています。

なかなか参加できませんが、また機会があればよろしくお願いします♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 先日のライブは楽しかったですね~やはりハープは存在感のある楽器です。改めてそう思いました。ちなみに24日も、仕事でコンベンションに観に行きましたよ。サンタ姿が良かったです(笑)また是非一緒に演奏しましょう。「なんぼ」はいつでもウエルカムです!

ハーベスト、お疲れ様でした!
また一緒に演奏しようね。そしてまた一緒に飲みましょう☆
いつでも顔出してみてくださいね、大歓迎です♪♪

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。