スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱臭器を導入

その他
12 /29 2007

消臭器

 

 今回、部屋に脱臭器を導入してみました。特に悪臭がひどい、という訳ではありませんが、台所と一体となったリビングのためどうしても食べ物の匂いは残り、それを何とかしようと考えた結果、この「オーフレッシュ」を導入しました。

 高さ8.5cm×幅5cm×奥行き4.5cmという超小型の脱臭器で、増田研究所製。コンセントの差し込むだけで電気代は月16円。本体価格は税込み10500円。

 

 効果は12時間で表れた。帰宅して部屋に入ると、臭いの無さに驚く。とにかく無臭。意外と無臭というのは違和感があって、最初は少し戸惑ってしまう。案外と臭いの無い状況には不慣れなんだなと実感。とにかく効果は絶大だ。

 

 ホテルや動物病院などで使われているらしい。解説書には8畳までの部屋に染み付いた悪臭を元からカットとあるが、現在設置している部屋は13畳ぐらいあるので、そこそこの広さには対応できそう。ちょっと感動的だったので紹介してみました。

 新リンクコーナー「山陰情報日記」。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なんと今回は15個セットでなんと9800円!わー!
ってことではないですね(笑)。

最近防音住宅がはやりのようだが、実は入居者は騒音で悩まされているという。何故か。それは、今までは気にならなかった冷蔵庫やエアコンなどの音が静寂故に気になってまうらしい。逆説的ではある。

臭いに関してはどうだろうか?少なくともベースとなる好ましくない臭いは消し去ってくれる点が音とは違う点であろう。例えば部屋にある一輪の花の香りで季節を感じたりするようになると素敵かもしれない。

喫茶店などで、会話の騒音を消すためにBGMを流す原理ですね。
それがJazzだと良い感じですけどね。

 雪が降り積もると耳で察知することができる。それは雪が音を吸収するからで、ごくたまに完璧に近い無音になることもある。山に籠もると籠もったで、案外と鳥の鳴き声などもするし、そう考えると無音という状況は殆ど存在せず、人間にとっては不自然なのかも知れない。無臭もそれこそ冷蔵庫の音が気になるように、珈琲などの匂いがよりダイレクトに感じられる点で面白い。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。