スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々「なんぼ」7人揃う

バンド「なんぼなんでも」
02 /16 2008
 今週木曜日の「なんぼ」の練習は久々にピアノ+ベース+ドラムスというジャズ黄金のトリオが揃いました。それにトランペット×2、テナー・サックス、ヴォーカルが加わり、練習場は暖房をOFFにするぐらいの熱気に包まれました。昨年の12月以来ですね~

 たかがメンバーが揃うだけで、とりあえず嬉しい。いや、たかがなんて言ってはいけないな。メンバーが揃うことがある意味いちばん難しいことだし素直に感謝しよう。

 

 

 とにかく、練習に活気が戻った。同時に、ピアノ・トリオ+3管の編成とピアノ+3管の編成では、おのずとフィットする曲が違ってくることを痛感した。ピアノ+3管の場合、実質的にはピアノとデュオ状態な訳で、デュオにはデュオの方法論があり、それは決してカルテットの方法論と同じではないなと思った。管の多さ云々という問題より、空間構成が根本的に異なる。「なんぼ」はメンバーが揃おうが揃うまいが、飽くまでもフルメンバーのライブ出演を想定して練習をやっているので、これまで揃わない時期が長かった分、空間の感覚を読み間違えていたような気がする。その違和感が沈滞ムードに結び付いていたんだろう、きっと。

 

 

 これで何となく吹っ切れた気分だ。みんなの表情も随分と明るかったような(笑)「なんぼ」のテナー・マンも思わず「なんぼでもJAZZ」に書いてしまったように、最近の「なんぼ」にとって、メンバーが揃ったことがいちばんの明るいニュースだった。

 

 

 今月23日(土)は境港市「成田屋」さんでライブです。この雰囲気を何とか持ち込みたい。。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。