スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を待ちわびて

日常のこと
03 /03 2008
 「一ヶ月だけ住むとすれば北海道か沖縄のどっちがいいですか?」という質問をされたら、私の場合「沖縄」と即答する。果たして「北海道」と答える人と「沖縄」と答える人ではどっちが多いんだろうか。もっとストレートに、「寒いのが好きか」「暑いのが好きか」と言い換えてもいい。「寒さは着れば何とかなる。でも暑さは脱げない」と言われたこともあるが、今年に入ってからの寒さは「着れば何とかなる」ようなヤワなものじゃない。半袖Tシャツの上に長袖Tシャツ、セーター、ジャケット、ダウンジャケットを重ね着しても、顔までは隠せない。私にとっては地獄の季節だ。

 荒れ狂う海と鉛色の空、岸壁に波頭が砕ける近くを鴎の群れが横切る・・・なんてイメージはまったく趣味じゃない。直木賞作家の桜庭一樹さんが「冬の山陰は海と山に挟まれた細長いところで、いつも天気が悪い」というようなことを言っていたが、同感で、その侘しさたるやどうにも救い難いものがある。昔のように、大きなストーブを囲んで、ストーブの上でお茶を沸かしながらワイワイとやる温かなイメージも最近では滅多に見かけず、寒さだけがやたらと身にしみる。南十字星でも眺めながら浜辺で寝転んでいた方がいい。

 

 

 冬は、トランペット奏者にとってもつらい季節だ。乾燥した唇をマウスピースに押し当てると、ぴたっと密着して、唇の振動を阻害する。楽器は完全に冷え切って、持つと凍傷になりそうな気配。本能的に身体を丸めてしまうことで、呼吸も浅くなりがちだ。ウォーミングアップに二倍の時間がかかる。唯一、温泉だけが冬の楽しみかも知れない。そんな訳で早く暖かくなってほしい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。