スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10億円あったら

ジャズ
03 /20 2008

 10億円あったら何をするのだろうか。答は簡単だ。週末にジャズ・バーをやる傍らレンタル・スタジオを経営して、大山のふもとにトランペット・ミュージアムを造る。

 

 

 「なんぼ公式HP」いつの間にか多彩なコンテンツが・・

 トランペット・ミュージアムとは、世界中のトランペットをかき集めて展示した博物館である。自ら買い出しに行って気に入ったトランペットをとりあえず100本ぐらいどど~んと展示しようというもの。試奏可能なところがミソだ。NYバックはもちろん、マーチン・オールド・コミッティやシカゴ・ベンジ、フレンチ・ベッソンetc..大山を眺めながら試奏できるなんて最高ではないか。

 

 

 ジャズ・バーもライブ可能な店舗である。ここで「なんぼ」のレギュラー・ライブをやる他、地元のミュージシャンに週替わりで出演してもらう。その模様をすべてCD化して「山陰ジャズ大全」というシリーズを創るのである(笑)めちゃくちゃ楽しそうだ。

 

 

 スタジオにはジャズ用のドラムスやヴィブラフォーン、ウッド・ベースなど、一通り楽器を完備し、もちろんレコーディングもOK。ここでもまた地元ジャズメンのCDを制作してネット販売する。地方のジャズメンにこだわったレーベルなので、基本的には地方在住者の演奏以外は扱わない。斬新なコンセプトではないか。

 

 

 以上の3事業を展開できれば、こいつは楽しいに違いない。「米子にはジャズ馬鹿がいる」と認知されたらしめたもので、案外と観光振興になるかも知れない。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いやー、是非とも現実のものとして頂きたい!
施設名は「ジャズトピア 2009」とかネーミングしたら国家予算がおりるかもしれませんよー。山陰の「チョイ悪おやじ」の特設コーナーも設けると厚みが増すかもしれません。「レオン」の取材も間違いなくくるでしょう。

 今なら怒涛のようにドル借りて売れば、案外10億円なんてすぐに手に入るかも知れない。最近世の中やたらぎすぎすして、ぱっとした話題もないので、そんな徹底的に道楽する人間がいると面白いだろうに。ロト6が現在キャリーオーバー中なのでこいつを狙っている。

また遊びに来させて頂きます^^

 ご訪問有難うございます。つたないブログですがまた是非覗いてみてやって下さい。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。