スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー70-300mmの望遠ズームは結構いいかも

その他
04 /10 2008
 銀塩時代からミノルタ一眼レフを使い続け、デジタル一眼レフはコニカ・ミノルタα7、現在もα7を使っている。だがキャノンIXY900がコンパクトカメラにもかかわらず、非常によく写る(仕事でも9.5割はこれです)ので、最近あまり出番がなかった。IXYの正確なホワイトバランス、色ノリのいい写りが気に入っていたし、ソニーになってもイマイチのレンズラインナップに、キャノンあたりに乗り換えようかと思っていた矢先、まるでノーマークだったソニーのレンズが気になり始めた。これ、いいかも。

 気になる一本は最近ソニーがリリースした70-300mmF4.5-5.6G

 SAL70300.jpg
 

 当初はGレンズの割にF値が暗いのでまったく眼中になかったのだが、ぼちぼちとネット上に出始めた作例を見ると、これが結構しびれる描写なのだ。ニコンにも同じスペックのレンズがあって「ボケが汚いな~」と思いながら作例を眺めていたので、ちょっと驚いた。ボケが凄く綺麗で、ピントの合っている部分は非常にシャープ。ソニーレンズにしてはコントラストも高そうで、久々に食指が動いた。ちなみに、望遠ズームで気になる最短撮影距離はニコンの1.5mに対して1.2mと短い。30cmの違いは大きい。

 

 

 

 なるほど、だてにGレンズではないなと。。実売価格は発売されたばかりとあって9万弱とやや高いが、70-200mmF2.8Gが30万円と考えると、常識的な範囲ではこのレンズが純正としては唯一の選択肢となるのではないか。

 

 

 同レンズはかつてのミノルタレンズをリメイクしたものではなく、純粋にソニー以降の設計なので、今後の動向を占う上でも参考になるかも知れない。しかしミノルタ時代から連綿と続く「美しいボケ」はαシリーズの最大の美点だなぁ。やっぱり暫くはαでもいいやという気になってきた。もっとも、α700あたりだとカメラ本体に対する不満も随分と解消されるのだろうけど。。 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 私はレンズはひとつしか持っていないのでビジョンがないですが、いつかもう一本揃えたいと思っています。ちなみに、レンズはSIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACROです。
 話は少しそれますが、フラッシュでお勧めのものはありますでしょうか?室内でdirectだと生々しい光り具合となってしまうので、「上を向くやつ」を買おうかと思っています。何故か雑誌などではあまりフラッシュって取り上げられていない気がします。

 被写体にダイレクトに光を当てるとどうしても生々しくなってしまいます。上下に角度を変えてバウンスできるものが御薦めです。さらに発光部に取り付けるディフューザーという光を柔らかくするアクセサリー(他社製になるかも)もいいかも。あと、ストロボの光量補正をマイナス側にすると発光量が減少する(暗めに写りますが)ので、撮り比べてみるといいかも知れません。

 感度を上げてノー・フラッシュで撮影するのも手です。

 自作もできますので以下のBLOGを参考にしてみて下さい。
 http://pchansblog.exblog.jp/1626083/

早々のお返事ありがとうございます。大変参考になりました。

例のBLOGも読ませて頂きました。
「おぉー、簡易ディフューザー!」
是非トライしてみたいです。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。