スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんぼ」市音に向けてスタート

バンド「なんぼなんでも」
05 /10 2008

 「なんぼ公式HP」リニューアルしました。BBSもリニューアルしたようですので、また書き込んでやって下さい。

 

 

 6月の米子市音楽祭に向けて、同時に5月最後の土曜日から6月末まで毎週土曜日にびっちりと予定されたライブ・ロードに向けての練習が一昨日から始まりました。

 とりあえず新曲「Whisper not」、「Four」を練習。「Whisper」は過去にも多くのバンドでレパートリーとして取り入れてきた曲なので個人的には馴染み深い曲。ただし今回はヴォーカル用にキーが二度下げのBbm。「Four」はオリジナル・キーのEbでいきなりヴォーカリスト・坂本恵津子の歌詞付きアドリブが飛び出して、一同、腰を抜かす。細かいフレーズに一語づつ歌詞が付いている訳だから、これは音程以前にカツゼツが大きな問題となってくるだろう。それを難なくこなす彼女は、やはり山陰では得難い歌い手である。

 

 

 しかし「なんぼ」はよくこれだけ個性的なメンバーが集まったものだ。八ヶ国語を操る前出ヴォーカルの坂本恵津子もそうだが、オリジナル・アレンジを提供する田中啓三、殆どプロのクラシック・アルト奏者でありながら何故か突然ジャズに目覚めた広瀬謙一、20年近いジャズファンからこれもまた突然プレーヤーに転身した岡雄一、そして殆ど練習しないのにフレーズがどんどん増えていくしみずりえ、オン・ビートよりもアフター・ビートの方が身に付いてしまった岡宏由紀と曲者揃いだ。予期せぬ音楽が創造できる可能性は、ある。6月はこのメンバーに助っ人ドラマーとして強力なY氏。さらには市音の際には、これも超強力な助っ人ベーシストの某氏が加わり、充実したステージとなりそう。

 

 

 練習初日は良いムードだった。このテンションを維持しつつ、6月に照準を合わせピークを調整したい。市音に乞御期待を。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。