スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム・ウェイツが飛び込んできた

ジャズ
06 /21 2008
 バーでビールを飲んでいたら、いきなり五感に訴えるような音楽が流れてきた。トム・ウェイツのファースト・アルバム。70年代。音楽が世界を変えるようなパワーを持っていた最後の時代かも知れない。

 私の好きな音楽といえば、やはりビートルズは別格だ。「Across the universe」など、最も好きな曲で、全ジャンルの音楽を超えた普遍的な名曲だと思う。「Here there and everywhere」、「I'm only sleeping」etc.ジャズ好きな私ではあるけど、音楽の完成度で言えば、ビートルズはパーフェクトで、これを超えるバンドは、少なくとも今世紀中にはあり得ないと確信している。

 

 

 考えると、60~70年代のポップスシーンは凄かった。先のトム・ウェイツにしても、店で普通に流れていても、耳が素通りできない。同時代のキャロル・キングなどもそうだが、音楽の力を嫌でも感じる。ミュージシャンが、当時の社会を代弁するかのようなパワーがある。頭より皮膚感覚を優先した音楽の強みだが、それが商業ベースとして成り立っていたのが、今昔物語である。間違いなくいい時代だった。

 

 

 

 トム・ウェイツの音楽は、一聴、ボブ・ディランを彷彿とさせる感じだったが、その場の空気を一瞬で支配していた。これは凄いことだ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。