スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーがフルサイズ・デジタル一眼レフα900発売

その他
09 /11 2008

 ついに出た。ソニーのフラッグシップ機「α900」。デジタル一眼レフとしてはキャノンEOS1Ds MarkⅢを凌ぐ、世界最高レベルの2400万画素CMOSセンサーを搭載。価格は33万円(実売20万円台)。EOS1Ds MarkⅢの価格が軽自動車一台分のに迫る70万円なので、単純に画素数だけを基準とした場合、非常に安価と言える。

 

 

 

 

トピックスとしては「世界最高の画素数でこの価格」とあと二点、デジタル一眼レフとしては世界最高の明るさで「銀塩の名機α9を凌ぐ」、「フルサイズでボディ内手振れ防止機構内蔵」というところでしょうか。過去実際にα9を使っていて、そのファインダーの素晴らしさを知っているだけに、それを凌ぐファインダーがどんなものか、覗いてみたいところです。

 

thumb_300_01_px300[1]

  

 外見もα9に似てます。しかし記録画素数がラージで6048×4032って、並のパソコンではまともにイジれないでしょうね(笑)個人的には1400万画素あたりの廉価版を製造してほしいような・・ともあれ、ソニーファンというより、旧ミノルタファンが待ち望んだ一台ではないでしょうか。

 

 

 

 ソニーはデジタル一眼に関しては、異様なぐらい忠実にミノルタらしさを踏襲しています。それだけに、ソニーらしい遊び心が希薄な印象を受けますね。もう少し一般的にアピールする仕掛けがあった方がいいような気がします。ターゲットがハイ・アマチュアならなおさら。あと、ライブビューと内臓フラッシュは搭載してほしかった。基本的にフラッシュは極力使わないので、できれば携帯したくないアイテム。いざという時のために、内臓フラッシュがあれば非常に助かる。

 

 

 

 画素数がデカい分、高感度側で結構ノイズがでそうですが、現時点ではベータ版なので何とも言い難い。それにしてもまぁ、これでフルサイズ争いが激化しそうですね。近い将来、フルサイズが基本となると思っているので、画素数や感度、連写などの機能と価格の落としどころのいいモデルが、結局のところ売れるのではないでしょうか。

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ついにきたか。いずれくるとは思っていたが。
相対的には安いかもしれないが、カメラにそれほどリキ入れてない人にとっては、まだちょっと高いかもしれませぬね。
極端な話、1,000万画素くらいでいいので、内臓フラッシュ付き廉価版を期待します。
それで69,800なら「買い」ですけどね。

No title

 確かに買い(笑)しかし今回のCMOSセンサーだけで製造コストが10万円は下らないと言われているだけに、実売20万円台は結構破格かも。現在29万円ぐらいだから、凄い。ただレンズが高いのが難点。実機に触れてみたいものだ。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。