スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズ、それは趣味のようなもの

ジャズ
03 /13 2010

 知人が4thフレーズをやっていたのを聴いて、ああ練習してるんだなと思った。

 

 練習したいのだけど、なかなかできない現状。それはそれで仕方ない。

 

 4thとかのフレーズは、練習しないとできないんだよな・・

 って、そもそもフレーズなんてものは、練習しないとできないモノであって。いきなりフレーズが沸いてでるなんてことは、人間としてあり得ない。

 

 まぁ私の場合は、ジャズが仕事ではないので、練習できない時はそういう時期としてのほほんと過ごしている訳だが。

 

 「趣味ですか?」と言われると、ちょっと違うような・・「ライフワーク」といった言葉が合うのかな。似たようなものか。

 

 とにかく、ライフワークとしても、極私的な種類のことであって、ギャラが出るからといって、プロ意識を持てと言われても(誰も言わないけど)、プロ意識なんて分からない。ギャラが出ても出なくても、ベストを尽くすことに変わりはないし、意識が変わる訳でもない。

 

 もう少しして、多少時間に余裕が持てるようになったら、ちょっとフレーズ練習でもして、プレーのマンネリ化を打破したい。それまでは現状をなんとか維持する格好かな。

 

 それにしても「趣味」という言葉の軽さも捨て難い。趣味でもいいかも知れないな。でもやはり、ジャズとのこれまでの因縁を振り返ると、「ライフワーク」ぐらいの重さがあってもいいような気もする。「追求」するニュアンスが多少感じられるし、実際、自身の感覚に近い。

 

 春になったらちょっとは練習しようかと思う。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。