スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bachのフリューゲルホーン購入

トランペット
03 /14 2010

 音楽そのもののほかに、トランペットという楽器そのものが好きなので・・

 

 よほどの掘り出し物でもない限り、暫くは購入しないつもりだったが、Bachのフリューゲルホーンを買ってしまった。中古Aランクで84000円。トランペット奏者なら、10人のうち8人は迷わず買う価格、だろう。多分、このコンディションであれば15万円でも売れると思う。売るために買ったのではないけど。

 

 ヤマハのカスタムをかれこれ15年間ぐらい使っているので、ずいぶんとフィーリングは違う。

 

 Bachはリードパイプの長さを感じる。よりトランペットに近い吹奏感というのかな。

 

 音程のツボもわりとかっちりしていて、やや重厚な吹き心地で遠鳴り感がある。ピッチの良さはかなりのモノだ。アンサンブルはヤマハより使いやすいだろう。

 

 改めてBachのトランペットも吹いてみたが、多少キツイ感じはあるものの、あまり不満がない点、やはりいい楽器だなと実感する。最近BSC106、通称ニューヨークを吹いていたので、まったくフィーリングが異なる。

 

 Bach購入により、トランペットを1本、里子に出すことになりそうだ。さすがに、コレクションをするほど、余裕はない。それでもいい買い物をしたと思う。ちょうど某トランペッターの復活祝いになりそうだ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お久しぶりです。

楽器購入されたのですね。私がサックスを最後に買ってから、かれこれ10年近く経ちます…。新しい楽器と対面する感覚が懐かしく感じられます。良いパートナーになるといいですね。

私の方も諸事情にてなかなか練習の時間が取れていませんが、春も近いことですし(?)、もう少し楽器に触れる時間を作ろうと思います。「ライフワーク」ですからね!

 久しぶりですね。
  
 Tomさんとコンボを組んでいた頃のような、前に前にという行動の勢いはありませんが、状況に応じたペースで続けていくことこそライフワークたる所以でしょうね。

 またフロントを組める日が来るといいですね。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。