スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイ紀行③

その他
02 /08 2011
 ハワイ滞在2日目。何のことはないが気温が暖かいため、気分的に非常に落ち着く。山陰の最低気温はマイナス4℃といい、こちらハワイは26℃。その差最大30℃は大きい。夏仕様の人間なので、温暖な気候は多分他人の2倍ぐらい嬉しい。

 この日は朝からダイヤモンドヘッド近くで毎週土曜日に開催されるオアフ島最大の朝市、KCCファーマーズ・マーケットに行く。さまざまなメイド・イン・ハワイの出店があって賑わっているのだが、果物や花を買っても仕方がないし、個人的にはあまり興味をそそられる催しではなかった。そこで、飲み食いに走る。珈琲を飲みながらまずパンで朝食。それから人の買った「AHI」何とか(失念)というプレートランチを3人で食べ回す。大雑把に言えばマヨネーズかけ鶏丼のような一品。なかなか悪くない。

 ↓こんな感じで出店のテントが立ち並び、大勢の人たちでにぎわっている

ハワイ⑧ 

 余談だけど、ハワイには日本から進出した飲食店も多い。東京に住んでいた頃によく行ってたラーメン店「えぞ菊」ハワイ店もある。当時から店のマッチにハワイ店の表記があり、都内でさほどチェーン化されていないにもかかわらず何故ハワイ?と、バブルに浮かれての進出かと思いきや、あれから20年経った現在でもハワイ店は健在のようだ。凄い。

 さらに岡山県・湯原温泉の名宿「八景」が和食店を出店しているのには驚いた。ここの炊き合わせは絶品で、どちらかというと温泉よりも料理目当てに行く宿だが、まさかハワイにあるとは。これも自分としてはちょっとした驚きだった。


 ファーマーズマーケットを後にした我々は、一路チャイナタウンへ。昨夜に続く、今度は昼のチャイナタウン。この日は旧正月を祝うイベントがあって、街は歩行者天国となっていた。

 ハワイ⑨

 ハワイ⑪

 見物人は獅子舞の口に手を突っ込み、中で獅子を操っている人のシャツに厄払いのお礼の紙幣を入れる。獅子舞の中の人は数分おきに入れ替わるのだが、パフォーマンス次第で実入りが違ってくる訳で、必死のパフォーマンスが続く。

 それにしても、チャイナタウンの猥雑な雰囲気が好きだ。多分、小学生の途中まで住んでた地域が典型的な昭和の街で、細い路地が入り組んだような猥雑な所だったから、その頃の記憶が呼び起こされるのだろう。通り沿いの軒の長い店の奥の住居部分が非常に気になり、覗いてみたいような衝動に駆られる。

 中でも印象的だったのが、鶏の丸焼き車。

 ハワイ⑫

 木炭を敷き詰めた長いリヤカーの上で串刺しになった鶏がぐるんぐるん回っている。
 しかも、手動ではなく、電動ベルト式でオートマチックなのだ。多数の鶏がひたすら回転しながら丸焼きになっていく様はシュールこの上ない。4分の1サイズを買って食べてみた。少し塩胡椒をしてくれると有難いと思ったが、休む間もなく回転し続ける鶏の前では、細かい味のことなどどうでもよくなってしまった。

 午後3時ごろ、アラモアナ・ショッピングセンターに向かう。なんだかんだ言って、オアフ島を訪れると必ず1度は行くであろう巨大ショッピングモール。よくこれだけブランドショップが集まったなと思うぐらい、ある意味壮観だ。よくよく見ると、チャイナタウンよりもこっちの方がヤバそうな連中が多いような気がする。観光客を選別するような目つきの人間が何人かいたような。気のせいかも知れない。

 ハワイ⑭

 夕闇が迫ってきた。

 ワイキキ・エリアはこの時間から熱気を帯びてくる。ことにこの日は、アメリカン・フットボールのオールスター戦が地元で開かれたということで、アメフト・フィーバーな夜となった。ワイキキについては、毎日がお祭り。巨大なテーマパークのようでもある。那覇の国際通りをスケールアップした感じ。テンションの高い街だ。

 

 
 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

身体はとにかくでかいですね。ハワイアンの歌手を何人か見ましたがいずれも相撲取りのようでした。声が身体に共鳴して、小さく歌ってもとにかく通る。響きという点では大きな身体が有利になっていると思いました。
冬の山陰の空はどんよりと灰色の雲が漂い、何というか寂寥感に満ち溢れています。抜けるような青空がいいですね。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。