スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWを過ごす

その他
05 /06 2011
 といってもほとんど引きこもりに近い状態の日々が続いている。掃除や料理など、基本的に家事の類が好きなので、仕事に妨げられずそれらのことを自分のペースでできると最高に落ち着く。奥さんと休みが合う日は子どもを連れて大山に遊びに行ったが、そうではない日は少し育児から解放させてもらって、独り家の仕事をこつこつとやりながら、その間に楽器を手に取って吹くという、久々にゆっくりとした時間を過ごしている。
 


 楽器の方は、さすがに1年半近くまともに練習していないと劣化も激しい。それでも、最近、ちょうど子どもが生まれて暫くの頃の、ほとんど練習もできないで臨んだライブ音源などを聴くと、へたに中途半端にライブをして恥を晒すよりは活動を休止して正解だったとつくづく感じる。どのみち、リセットは必要だった。


 前にも書いた通り、やはり自分はプレイヤーとしてのレベルが低く、それは客観的に評価していたつもりでも、今冷静になって聴くと、当時は多少水増しして自己評価していたんだなということがよく分かる。活動休止の収穫と言うべきか。解決すべき問題点が山のようにあるのだが、当時はライブの連続で、問題点をいちいち修正する暇もなかった。今後活動を再開する際には、同じことはできないだろうと強く思っている。どんな形で再開するのか、改めて考えるほどによく分からない。ただ、問題点を多く残しながらライブをやるのは自分自身が非常につらいと思うので、再開までにはまだまだ時間がかかりそうだ。このブランクを今後の活動に生かしたい。


 連休中は近所の方から採れたての新玉ねぎをいただいて、これが最高に美味い。仕事をリタイアされて本格的に家庭菜園をされているのだが、見事な出来の玉ねぎなのだ。長ねぎのような葉が付いたままで、調理前にばっさりと落とす。調理といっても、切ってそのまま生で食べるだけ。初鰹のたたきに採れたての新たまとニンニクをスライスして食べ、季節感を味わった。普段はほとんど飲まない自宅酒が、珍しくすすむ。仕事に追われ過ぎず、食事や家のこと、音楽に向き合うスタンスが大切だと痛感する。


 以前は、連休になると何処かに出ていることが多かった。知り合いのレストランの手伝いをして、その代わり別荘を貸してもらい、夜はひたすら本を読み籠もる。思い立ってすぐに荷物をまとめ、独りで信州に行くなど、気ままで行き当たりばったりの過ごし方だった。子どもがもう少し大きくなれば、また何処かに出てみるのもいいなと思う。初鰹で思い出した高知とか。やっぱり南国は自分に合う。特に今年の冬は、山陰は寒さをずるずると引きずっていただけに、つらかった。寒さは性に合わない。


 春過ぎて 夏来たるらし 白妙の 衣干したり 天の香具山


 万葉集の好きな一句。爽やかな初夏の雰囲気を鮮やかに描写している。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。