スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までにいちばん感動した音楽について

バンド「なんぼなんでも」
06 /18 2007
 のっけから変な話なんだけど、今まででいちばん感動した音楽は何ですか?

 私は即答できる(笑)それは昨年、私達の結婚式でやってくれた「なんぼ」の音楽である(笑)事前に知らされてなかったこともあって余計にインパクトがあった。しかも、この日のために秘密練習していたという、感動の裏話付きで。


 まぁ、現場の雰囲気を差し引いてみても凄い音楽だった。凄いというより、美しい音楽。当たり前なんだけど、音楽って小手先のテクニックじゃないなぁ。いや、テクニックがないと言ってる訳ではないので念のため。後で怒らんでくれい。


 「コンビニ弁当と化した」だの、はたまた「トイレットペーパー並み」だのと言われる昨今の音楽事情の中で、音楽力を改めて痛感した日だった。だいたい生演奏を聴いて涙が溢れ出たのは初めての経験で、自分でも焦った。何が良かったのかって、「その場の空気の一瞬を、これほど大切に扱っていた音の塊」はお目に掛かったことがなかったのだ。いやー「なんぼ」、もしかすると凄いかも(笑)



 ちなみに私の方からのスピーチ役はピアニスト・田中啓三だった訳だが、彼のピアノ演奏とまったく同じ語り口でびっくりした。演奏って性格が出るんですね~一言で言えば「凄く言いたいことがたくさんあって、そのことを心底伝えたいがために、一つ残らず放出したい気持ちが凄くよく分かる」みたいな感じ(一言じゃないか)。でも形式的に巧いスピーチより全然伝わってきた。「出せん音なのに出そうとして、息だけが音をカスる」リー・モーガンみたいだった。こういうのは結構格好いい。


 「上手くなりてい」―いつもそう思って練習してるんだけど、やはり原点を見直すのも大切だな。原点というのは、要するに「夏のまだ明るい夕方に、ひぐらしの鳴き声を聞きながら飲むビールがメチャクチャうまい」ということを思い出すというようなことだ。


 余談だが、4月にお伺いさせてもらった兄貴の知人の方の「結婚20周年パーティー」が、あまりにも良かったので、私たちもささやかな1周年パーティーでもしたいなーとよく話している今日この頃です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お久しぶりです☆

おもしろいもの見つけたよ♪

私もその名演奏を聴いた一人です。
演奏が素晴らしいかどうかは考えるまでもなく、「とりはだ」に聞けばよいわけだが、その演奏を目の当たりにして、「とりはだ」だけでなく涙までも溢れ出てきた。
こんな演奏が出来るメンバーもさることながら、そんな素晴らしい仲間がいることに心うたれました。これからも素敵な音楽を作っていってください。
P.S. こんど鳥取に帰ったらまた一緒に演奏しましょう。

 いつでもウェルカムでっせ。ちなみに楽器しない人は歌でも。歌わない人は酒でも。飲めない人は抹茶でもウェルカム。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。