スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国インディーズが熱い

韓国音楽
05 /17 2012
 過去さまざまなワールド・ミュージックを聴いてきて、さすがにハマれるジャンルの音楽はもう出ないだろうと思って久しかった。ところが・・あった。それもお隣韓国のインディーズ。20年前にボサノバやMPBなどブラジル音楽にハマって以来、本当に久々にときめいてしまった。

 私が知らないだけなのだろう。韓国音楽といえばチョー・ヨンピルで時代が止まっていたのだ。最近、少女時代、KARAなど「K-POP」が流行していたのは知っていたが、アイドルグループにはあまり興味がなく(聴かないだけかも知れない)、まさか韓国音楽にハマるなんて夢にも思っていなかった。ところが・・・

 偶然に、ジャケットに惹かれて直観的に耳にしたアルバム。ファニーフィンクの『My Romance』から「SWEET」を聴いてしまい、私の五感はすぐさまこれに反応した。

Mr Romance
 何だろう、この爽やかさは。サンバ系のラテンリズムに乗って女性ボーカルのウィスパーヴォイスがスキャットと歌詞を織り交ぜたメロディーを囁く。すごく、いい。例えれば・・日本で言えば、ブラジル系和ポップスとも言える「プリズマチカ」のようでもあるけど、違う。1曲目の「24」を聴くと、その歌い方は大貫妙子を彷彿とさせ、さらに声の透明感を増した感じ。クラブ系でもありそうで、それともまた違う。「ありそうでなかった」雰囲気だ。

 全体的に爽やか路線を貫いてはいるけども、あっさりで終わらず、音楽の力がこもった非常にレベルの高い内容となっている。韓国のインディーズ・レーベル「パステル・ミュージック」がリリースしたアルバムで、この1枚を聴いて、何となく韓国内の音楽力というか、ミュージックシーンの勢いが伝わってくるような気がした。韓国音楽シーンに何が起こっているのだろうか??

 ただ、インターネット等で調べても、意外に参考になる、シーンを解説してくれるサイトがない。しかし、このアルバムと同時に、韓国音楽のアルバムを5枚購入し、いずれも素晴らしい内容だったことから、実はすごい衝撃を受けているのだ。どうやら、これで韓国音楽を探険する旅が暫く続きそうな気配。誰かシーンを解説して下さる人がいたら御教示ください。取り急ぎ、報告まで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。