スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスカー6集

韓国音楽
06 /10 2013
 韓国Musicの続きです。3枚ぐらい立て続けに今イチアルバムだとどうにも気持ちが萎えてくるのですが、幸い韓国Indies系は4枚目ぐらいにはきちんとハイ・クオリティなアルバムがあってほっとします。


 とりあえずお勧めできるのが「キャスカー」というグループ。ちなみに私が購入したのは「第6集」で「旅程」という漢字のタイトルがクレジットされていました。

 キャスカー6集

 全12曲。女性vocalのエレクトリックバンドといった風情ですが、ボサノバありハードロック的な曲ありのバラエティに富んだアルバムとなっています。ボサノバとかハードロックとか、あえてカテゴライズするのは飽くまでも便宜上でして、いずれもメロディーが粒揃い。何だろう、秋から冬にかけての季節を曲で紡いだ音絵巻という内容になっています。思わず他のアルバムも聴いてみたい衝動に駆られる。特に9曲目「千の太陽」は凄くいいですよ。同じメロディーのリフレインでコード展開だけが変わっていく楽曲の作りが美し過ぎる(サビもありますよ)。この1曲だけでも買いだと思います。

 今、為替レートが以前ほど日本人にとって有利ではないのですが、それでもまだアンダー2千円。この手の音楽はPOP作って店頭販売すれば必ずその魅力をキャッチする人は特定多数存在するはずなんですけどね。日本では超マイナーに甘んじているのが残念です。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。