スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然、大セッション大会

バンド「なんぼなんでも」
07 /12 2007
 昨夜は「ツインズ」という双子のブルース・バンドを聴きに「キャリー・リー弓ヶ浜店」に行った。マンボ松本氏と三人のトリオ編成。何しろブルース・バンドのライブを体験するのは初めてなもんで、お客さんのノリにとりあえず圧倒されてしまった。いやーディープでしたよ。


 で、ライブも終わって、ひとしきりマスターと話してたんだけど、「キャリー・リー」という店名の由来は、以前マスター達が組んでいたバンドの名前だそうな。これは初めて知った。そのバンド「キャリー・リー」に憧れてプロになったのが今回のツインズという訳。そうしているうちに、マスターの「楽器持って来てたら良かったのに」の一言で、同伴のしみずりえの導火線に火が付いた。「楽器を持ってくる」と言って、本当に取りに帰ったのだ。


 ライブも終わり、殆どのお客さんがひけた頃に、リターン・オブ・しみずりえだ。結局ツインズさん、マンボ松本氏、そしてマスター、専務入り乱れての大セッション大会となった。Eのブルース、など(!)一時間半ぐらい演奏しただろうか。マスターの弾き語りでセッション大会は大団円を迎え、そして果てた。。


 いやしかし、マスターが歌う姿は初めて見た。専務がドラムを叩くところを見るのも初めてだ。凄く音楽が好きなんだなと、感動した。久々のセッションで揉んでもらい、楽しい宵となった。まさかこの日こうなるとは。アドリブと同じで一寸先は分からない。感覚人間しみずりえの勝利と言えるだろう。その調子で感覚を磨いてくれ(笑)


 いよいよ選挙にも突入し仕事も超多忙の様相を呈してきたが、8月3日は、なんぼの「キャリー・リー」ライブだ。久々の米子ライブ。こっちの方も何が何でもやる。体力勝負の日々になりそう。それでもいいステージをやりたい。どぶ板練習をせねば。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いやー、楽しそうですね。
参加したかったです。
ちなみに、前ブログ話題での教則本についてですが、私も散財したくちです。3割使えれば上等とは…。確かに。
中には、使用不可能なフレーズをCD付きで出しているものもあって驚きます。しかし、教則本、フレーズ集も英語のものは格段にレベルが上がりますね。
「教育者」含め、良し悪しの判断がつかないのは困りものです。これはジャズに限ったことではないと思われます。
日本の音楽が心配です。

 実際個人の記憶力には限界がある訳だから、数百のフレーズを並べられるとそれだけでげんなりするのが普通の感覚。受験勉強と同じで、基本フレーズを覚えれば、後は自然に応用できるハズ。基本フレーズは30個ぐらいで充分だと思う。だって30×12keyで既に360だし。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。