スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリー・リー・ライブまであと2週間。焦る

バンド「なんぼなんでも」
07 /20 2007
 今回の新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原発に停止命令が出たことが問題になっている。しかしながら日本が地震大国だというのは周知の事実。原発など危険で当然ではないか。


 どうにもよく分からないのだが、年金問題にしてみても、社会保険庁が杜撰な管理をしていることは未納事件の時に既に明らかだった訳で、ここにきての騒ぎように思わず引いてしまう。年金支給が近付いてきた50代後半の方々は焦るのかも知れないが、30代の私は「年金制度自体があてにならない」という認識だ。制度が疑わしいのだから払わない者がいて当然だろう。原発も同じで、誘致などの際には甘言を弄して説明するんだろうけど、何かあった時のリスクというのは当然考慮すべき問題である。輸入米国牛肉についても、「安いし美味いから買う」と言ってはばからない人が結構多い。ちょっと我が身の危険に鈍感過ぎるのではないか。勿論原発政策を推し進める国や社会保険庁が悪いのは言うまでもないが、車上荒らしを防ぐためには先ずドアロックが不可欠なように、きちんと防衛策を講じるべきだと思う。これを機に原発がいかに危険なものかを検証する機運が高まればいいのに。高まらないだろうな。


 前置きが長くなったが、今日(正確には昨夜)は「なんぼ」のバンド練習だった。久々にフルメンバーが揃う。個人的にはくたくたな中での練習なのだが、楽器を構うと不思議と気持ちが復活してくる。8月3日のキャリーリーに向けて、そう日にちはないので、何とか間に合わせたいものだ。仕事する自分と、音楽する自分、HPやBLOGを管理する自分、普通にゆっくり過ごす自分。自分が4人ほしい。


 あと自分も含めてメンバー全員に言えることだが、練習もさることながら、ジャズを聴くことが徹底的に不足している。例えばテーマ一つをとっても、普段練習で合わせているテーマの演奏とCDのテーマの演奏がどれほど違うのか、ゆっくり比較して聴いてみるのも練習の一つだろう。ノリとかリズムを良くするためにはとにかく聴くしかないと教わったことがある。うお、なんか蕁麻疹が出てきた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。