スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日間のジャズDAYSが始まる

ジャズ
08 /09 2007
 な、なんと「松江城国際ジャズフェスティバル」のチケットが当たってしまった。


 同フェスティバル、今週金曜日から日曜日まで松江城を舞台に3日にわたって繰り広げられるジャズ・フェスティバルなんだけど、このうちの11日(土)分のチケットプレゼントに妻が応募したところ、運よく当たってしまった。中海テレビさん、有難う(笑)もともと12日(日)のチケットは前売りで購入していたため、週末はジャズ三昧である。


 今回最も注目しているのがエディ・ヘンダーソン(tp)。一度出雲のレストランで生を観たけど、本当に凄かった。この時エディ・ヘンが吹いていたセルマーのトランペット、コーラス80Jサテン・ラッカーを思わず一週間後に買ったぐらいだから相当なインパクトだ。再び生で聴けるとは嬉しい。



 ほかにも同じトランペッターとしては松島啓二氏も気になるところ。米子市「いまづ屋」で大西順子コンボの一員として演奏していたのを聴いたことがある。あともう一人、トランペッター大橋諭氏も大いに気になる。この方、ニューオーリンズでハリケーン・カトリーナに被災したのも凄いが、バークリー音楽院のパフォーマンス科を出ているというのも凄い。ニューオーリンズを放り出された後は、トランペット一本携えてニューヨークに。現在同地で活躍中という。いかにもジャズマンらしい経歴に期待が膨らむ。プレイを聴くのが楽しみである。



この二日は水の都で耳を皿にして音に埋もれよう。


 それでもって今日は「なんぼ」の定例練習。明日(金)は「なんぼ」の納涼会(要するに飲み会なんだけど)。ジャズ地獄音楽漬けの4日間となりそうだ(笑)


 「なんぼ」納涼会はメンバーの福利厚生を考慮した(?)定例行事で、打ち上げ以外の飲みイベントとして毎年忘年会とともに行っている。納涼会の場合、一昨年は大山のレストラン、昨年は南部町のコテージを貸し切ってと、涼を求めての場所決めが通例だが、今年は朝日町のド真ん中にした。金曜日の夜、街角でメンバーを見かけたら「飲み」のことを「飲みニケイション」と言うのが誰であるのか当ててみて下さい。


 松江城国際ジャズフェスティバルの模様は、後日リポートします。


 To姫野:ヘプバーンのコメントまた見てくれ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジャズの事は、あまりよくわかりませんが、色々と話しを聞いているととても興味がわいてきます!是非、生の演奏を聞きに行きたいです。

是非、聴きにいらしてください。
結果はともあれ(?)精一杯演奏しますので。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。