スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海とボサノバ

ボサノバ&MPB
05 /04 2007
5月の海


 「5月の風」はナラ・レオンの歌ったボサノバの名曲。写真は今日、昼下がりの日本海。すっかり初夏の陽気で気持ちがなごむ。夏と冬のどっちが好きと訊かれたら、145%夏と答えるだろう。


 で、夏の海辺とくれば、これはもう完全にボサノバの世界だ。ボサノバがよく似合う。個人的にはボサノバ以外のブラジル音楽全般、いわゆるMPBが大好きなんだけど、もしかしたらジャズよりはるかにマイナーな世界かも知れない。そのことに気付いたのはつい数年前のことで、カフェなどでは大抵ボサノバを流しているものだから、てっきりブラジル系音楽が人気なのかと思っていた。けど、案外にそうでもないのか。


 ブラジルの大作曲家といえばトム・ジョビンがまっさきに思い浮かぶ。「ジョビンの曲の中でどれが一番好きか」・・・世の中で一番返答に困るような質問だが、私は「フェリシダージ」と答えるだろう。この曲はすごい。


 ジョビンの曲の中では比較的メジャーな曲だと思う。この曲のどこがすごいのかと言うと、こんなコード進行、普通思い付かないだろう(笑)マイナー・キーから始まってメジャー・キーに移ろうくだりが何とも快感だが、曲全体が極めてドラマチックで、良くできた長編小説のような短編小説である。こんな説明では多分訳が分からないだろうから、とにかく一度聴いてみてほしい。音楽のエッセンスが凝縮したような曲だと思う。

 こんな曲を聴きながら過ごす午後、それも初夏の午後はたまらなく心地よい。ブラジル・ミュージックについては今後も積極的に採り上げていきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

映画『ディス・イズ・ボサノヴァ』

Q-AXシネマと申します。

8/4より当館にて『ディス・イズ・ボサノヴァ』という音楽ドキュメンタリー映画を公開致します。
もし、ご興味がございましたら、下記HPをご参照頂ければ幸いです。
映画公式HP:http://www.wisepolicy.com/thisisbossanova/
Q-AXシネマHP:http://www.q-ax.com/

宜しくお願い致します。

 とても観たいです。貴館の上質な雰囲気も含めて、山陰にもこのような映画を上映して頂ける映画館げあればと思いました。予告映像を拝見しましたが、それだけで痺れました。。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。