スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズ的語法について

ジャズ
08 /29 2007
 前のブログで「コンセンサス云々」と書いてたのをもっと具体的に説明すると、その前提として「ジャズ的な語法」というのがある。例えば前回のライブで鳥取のピアノ・トリオの人達がやっていたように、「グレイター・ラブ」のテーマなどで、サビのところを一発気味にすると、その結果ベースがペダル風になって、必然的にドラムもそれに合わせた緊張感のある叩き方になるとか。ある程度前もって決めておくことも必要だけど、「こうなったらこうなる」みたいな引き出しは、やはり最低限はあった方がいい。それを増やす練習というのも大切ですなぁ。で、AABAの最後のAはドラムがハイハットでリズムを刻むなど、そうすることによって最初のAAと違うAが表現できる。曲をどうカラーリングしていくかが勝負だ。


 そのあたりの語法は、やはり聴いて学ぶしかないかな~。CD或いはレコードを聴きまくる、みたいな。そしてジャズのみならず、ほかの多くの音楽を聴くともっといいんじゃないだろうか。「ボサノバならこんな感じ」といった引き出しをたくさん準備していればいる程、より多彩な表現ができるというもの。聴くのも練習のうちですね。


 と、まぁ偉そうなことを言ってはいるけど、自分も全然できてない(笑)ただ聴くだけは聴いてきたので、例えばジャズ・スタンダードなら知らない曲は多分そう多くはないだろう(?)大抵のスタンダードは知っていて、どんなイメージかは何となく分かっているつもりだ。その割にはプレイに反映されない訳だけど(笑)


 とりあえず練習の中でも、曲のイメージというか、そんなのを具体的に言葉で話し合ったりできるといいなと思う。「いかに上手そうに聴かせるか」もテクニックの一つである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 確かにジャズ的なお決まりがあり、逆にそれを聴くことでリスナーも単純な満足感を感じる、というのも事実。その中で意外な展開があると飽きずに聴ける、という構造がある。
 これはあくまで表面的な演奏内容でしかないが、ステージングにおいては最低限カバーしておくべきところだとは思います。もちろん、実際聴きたいのはもっと深い表現であるのは言うまでもありませんが。
 水戸黄門が何故こんなにロングセラーなのか。最後の十五分で印籠を出すことは分かっている。遠山の金さん、ウルトラマン然り。人は形式美に安心感と喜びを得る一面がある。流行のドラマはその形式美に意外な変化を付けただけである。

 個人的には「こうあるべきだ」的な形式に従う必要はないと考えますが、少なくともどう表現したいのかが伝わらないのは問題があると思いますね。その為には天才的な人意外は沢山の選択肢を知る必要があるわけですが。
 そんなの無視して孤高の人となるのも自由ではある。

*なんて書いてはみるものの、思った様に演奏出来ないから困るんですよね~。

もちろん「こうあるべき」というのはナンセンスです。ただ、形式を知っていてやらないのと、知らずにやらないのでは質が違うと思います。それに、「形式を使わず表現する」のは「形式を応用する」という意味も含んでいる。やはり「あるものしか出てこない。ないものは出せない」というのは事実で、イメージを共有する際にも「音の対話の仕方」を知らないとできないし、音の対話の基礎、ノウハウは形式的なことに含まれているんだと思う。

私もそう思う。知ってて敢えてやらないのは意味があるが、知らないからやらないのは、たまたま結果オーライになったとしても、「たまたま」以上の何も生まれないので無意味だと思う。
身振り手振りでも何かは伝わるかもしれないが、単語や文法を知らないでコミュニケーションはとれないだろう。
私を筆頭に、こなすべき課題は山積している。未消化のままに、次々と新しいものをこなさないといけないという状況は非常にまずいと思う。「Funk・・・」なんか、随分やってやり慣れているはずだが、まだ改善の余地だらけである。つまり、基本的なところを踏まえたうえで、もっともっと飽きるほど繰り返しやって、ようやくいくらか身についていくのだろう。
一定の期間、そんなアプローチをしてみてはどうか。別に新曲加えなくても、現レパートリーの検証するだけでも数ヶ月は軽くかかりそうだし。

確かに。マイルスにしてもステージでは毎晩ほぼ同じレパートリーを繰り返しやってた訳だから。同じ曲をやるのもそれほど苦痛じゃないし。一方で色々な曲をやってコード感に慣れるという方法論もあるけど、それはまぁ個人練習のマイナスワンでも可能ではある。「funk」にしても練習前に一度みんなで音源を聴いてイメージを統一した方がいいかも。あとリズム隊内でのコンセンサスも図った方がいいように思う。このメンバーでなら何かいいものが生み出せるような気がするだけに、何とかしたいところ。

自分の演奏でもよく感じることだが、とにかく「迷い」があるとタイムがあまくなり素人っぽくなる。
当然「迷い」が無くなるなんてことはないわけだが、事前に解決出来るような不要な「迷い」は無い方がよい。このあたりを解決するだけでも大分演奏が引き締まるのではないでしょうか。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。