スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前向きなパワーのある人と付き合うこと

日常のこと
09 /02 2007
 今日は「なんぼ」のメンツ4人で、皆生温泉の某旅館に行ってきた。今後演奏でお世話になるということで下見がてらに旅館当主の宿泊客を対象にしたライブに行ってみたんだけど、当主の歌の上手さに唖然。弾き語りで約40分のステージだったが、これだけ「聴かせる」弾き語りのできる人は山陰ではなかなかいないだろう。これは凄い。


 で、その後ビールを飲みながら色々と雑談をしたんだけど、本当に音楽好きなんだなと思った。温厚で品があり、尊大でなく、フランクに音楽を語る。こんな大人が増えれば世の中はもっと素敵なものになるんだろうな。最近「なんぼ」が出入りする「成田屋」「キャリー・リー」のマスターにしても、根っからの音楽好きで、接しているとこっちまで楽しくなってしまう。音楽を通して地元のこうした人達と出会えるのはラッキーなことだ。


 来週は妻と大阪から大根島に移住した仏師の家に遊びに行く予定。日々を楽しんでいる人に接するとパワーを貰えることに最近気付いた。特に最近の私は、そうしたパワーに敏感になっているせいか、日常を楽しんでいる人に親近感を覚え、仲良くなったりする機会が多い。実はこれはとても大切なことではないかと思い始めている。


 多分、人間、マイナスのパワーが渦巻いている環境に身を置くと、知らず知らずの間にマイナスの影響を受けてしまう。自分の思考もマイナスになってしまうのだ。例えば愚痴しか出ない会社にいると、いつの間にか愚痴を言う自分になってる、みたいな。そういう中では気付かないのだけど、とんでもなくパワーを吸い取られているのではないか。そこで、自分の身を置く環境を考えるのが、より良く生きる上で非常に重要なことではないかと考えるようになった。「知らず知らずのうちにパワーを吸い取られていること」。これは怖い。


 逆に、普段楽しんで生きている人って少ないんだなと感じる。楽しんで生きてない人は、やはり他人が楽しく生きることが許せないので、無意識的に相手を自分のつまらないレベルに陥れようと考える。その結果愚痴を言ったり、文句を言ってみたり、負のスパイラルに他人を陥れようとするのだ。ところが、楽しんでいる人は自然体で、接する相手に負荷を与えない。気付いたら、こっちまで元気になっているという感じだ。


 負のスパイラルには関わらず、パワーのある人と付き合う。自分をそんな環境に置くことが生きる上で非常に重要なのではないかと、最近思い始めた。ということは、そうした人と知り合うように積極的に自分も動くということが前提なんだけど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いや、実にすばらしい、というか、凄いステージだった。余芸の領域を超えている。
なんでも、5年前くらいからこの企画をスタートされたそうで、今では毎週土曜・日曜に演奏しておられるとのことである。
初めはガチガチで、回数をこなしていくうちに試行錯誤しながら自分のペースをつかめるようになったこととか、その裏には、レパートリーを完全に自分のモノにするまで練習を重ねたこととか、貴重なお話を伺った。
これらのことは、当たり前のことではあるかもしれないが、等閑にされがちなことでもあり、結果を出しておられる人の話には非常に説得力がある。わが身を振り返ってみて、あらためて、「頑張らねば」と思ったしだいである。

「昨日の知人の結婚式」の披露宴に出席した某参議院議員が祝辞でいわく。「来るなと言われたけど来ました。大きな結婚式というのは出た方がいいんですね。大きな結婚式というのは、このように各界のトップの人たちが集まる。そういった結婚式はやっぱり気がすごいんです。ぼくはその気をもらいにきました」。んー、さすがというべきか。

 いやー、それは「狂気」ですよ(笑)私的にはその手の「気」は非常に疲れます。何と言うか、自然体で生きている人がやはりいいですよね。もっと言えば損得勘定抜きに好きなことを持っている人。来るなと言われた結婚式に来るような人間はただの「馬○」ですねー。飲みではいい気をもらいました。有難うございます。。

jazz bird

ライフワークはジャズ・トランペット。好きなトランぺッターはトム・ハレル、チェット・ベイカー、パオロ・フレス、市原ひかりさん、山本ヤマさんetc.夏の海が好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。